院内感染予防対策|マウスピース矯正 インビザライン 小児矯正 福知山市 歯科 歯医者 綾部市 丹波市 小児歯科 予防診療 審美治療 床矯正 ホワイトニング 杉岡歯科医院

院内感染予防対策
  • HOME
  • 院内感染予防対策

当院での取り組み

院内感染とは、器具などの衛生管理が不十分なために、ウイルスや細菌に患者さまや院内スタッフが感染してしまうという重大な問題です。いうなれば、レストランで洗っていないお皿に盛られた料理を食べるようなもの、いえ、それ以上に危険なことです。
歯科治療では血液や唾液などを通して院内感染する病気が多いことが知られています(B型肝炎、C型肝炎、エイズなど)。したがって院内感染を防ぐためには器具の厳格な衛生管理が必要です。
杉岡歯科医院では患者さまのお口に入る器具は患者さまごとに交換し滅菌器にかけています。また使い捨て可能なものは使い捨てにしています(グローブ、注射針、紙コップ、エプロンなど)。
器具の衛生管理は莫大な労力と費用がかかりますが、決してないがしろにはできません。
衛生管理は医療人としてのモラル、良心と考えています。

杉岡歯科医院の滅菌・除菌システム

BK水

除菌のために使用します。使用した器具はまず、BK水にて洗浄します。

超音波洗浄機

洗浄では取れない細かな汚れを、超音波の力で取り除きます。

滅菌・殺菌

オートクレーブ2台・ケミクレーブ1台、ダックユニバーサル、計4台の滅菌機器をフル稼働して、患者さまごとに器具の滅菌をしています。熱に弱い器具は、ホルホープでホルマリンガス殺菌をしています。

紫外線保管庫

滅菌した後の器具は、紫外線で殺菌する保管庫に入れ、次回使用時まで保管しています。

以上の工程をすべて終えて初めて、患者さまのお口に入ることになります。

その他の取り組み

グローブ

患者さまのお口に直接触れるグローブは、使い捨て(ディスポ)にしています。
1日に使用したグローブの量です。トータルすると莫大な経費が必要になりますが、患者さまやスタッフを院内感染から守るには、必要不可欠です。

歯や入れ歯を削るハンドピース(タービン・エンジン)

歯や入れ歯を削るハンドピース(タービン・エンジン)は、血液や唾液を中に吸い込みやすいので、そのまま再使用すると危険です。杉岡歯科医院では患者さまごとに交換し、ダックユニバーサル・小型のオートクレーブで滅菌しています。

紙コップ・エプロン

紙コップ・エプロンも使い捨てで、患者さまごとに交換しています。

切削器具(歯や入れ歯を削るバー)

切削器具(歯や入れ歯を削るバー)は滅菌し、患者さまごとに交換しています。

神経を取る器具

神経を取る時に使用する器具も滅菌し、患者さまごとに交換しています。

麻酔用器具

神経を取る時に使用する器具も滅菌し、患者さまごとに交換しています。

スイッチ・器械類

お口の中を触ったグローブで触れる、スイッチ・器械類は、ビニールで包み、交換しています。

口腔外バキューム

治療時の削りかすなどが、診療室に飛び散らないように吸い込み、診療室をクリーンな環境に保ちます。

歯科外来環境体制加算の施設基準を満たしています

杉岡歯科医院は、〈歯科外来環境体制加算〉の施設基準を満たしております。 これは、患者さまに不安なく診療を受けていただくために、院内感染予防など外来環境の整備に取り組んでいる歯科医院が、厚生労働省の施設基準に基づいて届出するものです。

施設基準

  1. 医療器具を、患者さまごとの交換や、洗浄・滅菌処置を徹底する等、十分な院内感染対策をしている。
  2. 感染症(B型肝炎・C型肝炎・エイズ等)の患者さまの診療において、診療チェアの用意、滅菌器等による滅菌・除菌に取り組んでいる。
  3. 歯の切削や、義歯・歯のかぶせ物の調整時に、飛散する物質を吸引する吸引装置を設置している(口腔外バキューム等)。
  4. 緊急時の対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベ、酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター、歯科用吸引装置、救急蘇生セット)を設置している。
  5. 所定の研修を修了した歯科医師が配置されている。
  6. 歯科衛生士が配置されている。
  7. 診療時、緊急事態が起こった場合に、医科の医療機関と連携が取れる体制が構築されている(連携医療機関:福知山市立病院)。
  8. 歯科診療における医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っている。

このような診療体制の整備は、スタッフの協力によって成り立っています。
今後も、皆さまに、不安なくリスクを抑えた診療を受けていただくために、スタッフ一同取り組んでまいります。