tel 0773-20-5007

〒620-0804 京都府福知山市石原2-298
診療時間:9:00~12:30 / 14:00~18:30(土17:00まで)
休診日:水曜・日曜・祝日

駐車場12台完備 JR石原駅徒歩10分

福知山市 歯科 歯医者 綾部市 丹波市 小児歯科 予防歯科 審美歯科 床矯正 ホワイトニング 杉岡歯科医院

6歳からの床矯正

杉岡歯科だより 院長ブログ 求人案内
  • 予防歯科
  • 床矯正
  • 審美歯科
MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

6歳からの床矯正(しょうきょうせい)
~大人の歯が生えてから、子供の歯が全部抜けるまでに~

小学生に床矯正をお勧めする理由

理由1 早期治療で治療費・治療期間を抑えることができる
早期に治療を始めることにより、装置が少なくて済み、治療費・治療期間を抑えることができます。
理由2 取り外しができて歯磨きがしやすい
食事や歯磨きの時は外すため、口の中のケアがしやすく衛生的です。
理由3 装着する時を選べる
英語や国語などしっかり発音する必要のある授業や運動の時は外すなど、装着する時間を選べます。
理由4 痛みが少ない
ゆっくりと歯を動かすため、痛みが少ないです。
理由5 口腔内トラブルが少ない
針金があたって痛い、装置が外れるなどのトラブルが少ないです。
理由6 虫歯の予防になる
歯並びも良くなるとブラッシングがしやすくなりむし歯の予防になります。
 

矯正治療では歯を絶対抜かなくてはいけないの?

矯正治療には大きく分けて次に二つに分かれます。

1)抜歯矯正
歯を何本か抜いて(一般的には4番目の歯が多い)、スペースを作り歯を並べて行く方法。
2)非抜歯矯正

歯を抜かないで、顎を拡げてスペースを作り歯を並べて行く方法。一般的には取り外しのできる装置(床矯正装置)を使って拡げていきます。

これからご紹介する床矯正は、基本的には<非抜歯矯正>になります。歯が並ばないのは顎が委縮して小さくなったのが原因です。床矯正では歯を抜くのではなく、委縮した顎を拡大して、正しい顎の大きさに戻して、歯の移動を行います。

もちろん、特に成人の方の場合は、歯を抜いて矯正治療をせざるを得ない場合もあります。しかしお子様で早期に治療を始める事が出来れば、矯正をするために歯を抜くことはほとんどありません。歯は一度抜いてしまうと元には戻りません。人間には無駄な組織はありません。きれいな歯並びを得るために必要な組織を失うことの損失ははかり知れません。私達はできるだけマイナスを少なくしてプラスを得ることを考えています。

 

床矯正(しょうきょうせい)の利点・欠点は?

床矯正とは、取り外し式の装置を使って、顎を拡げたり、歯を動かせていく矯正治療です。床矯正治療は、次のような利点・欠点があります。

1)利点
(1)取り外しができるため、見た目が良い。
(2)取り外しができるため、虫歯になりにくい。
(3)弱い力をかけていくため、痛みが出にくい。
(4)抜歯せずに歯並びを治すことができる
2)欠点
装着してくれないと治療が進まない
 

私が床矯正を始めた理由

開業してお子さんの患者様が増えてくると、次のような相談をちょくちょく受けるようになりました。「子どもの前歯の歯並びが気になるんです」。

前歯の永久歯は小学校1~2年生ごろに生えてきます。顎が小さく歯が生える隙間がないのが原因です。開業当初は次のように説明していました。「永久歯がはえそろうまで様子を見ましょう」。しかし歯並びが良くなる子はほとんどなく、むしろ大部分の子はさらに歯並びが悪くなっていきました。そして、矯正治療をやるために、歯を抜かざるを得なくなったり、高額な治療費に矯正治療をあきらめるお子様ももいました。

歯並びが自然と良くなることはほとんどないのに、永久歯がはえそろうまで様子を見ていていいのだろうか?〞自問自答する日々が続いていました。そんな時出会った1冊の本が、鈴木設矢先生著<抜かない歯医者さんの矯正の話>でした。そこには、早期に矯正を始めることによって、簡単に低価格で治療ができた症例が多数のっていました。

私の求めていたものはこれだ、と直感しました。以後、本、セミナーなど、夢中で床矯正の勉強をしました。鈴木先生をはじめとする床矯正治療を行っている、東京や福岡の医院の見学にも行きました。そして、床矯正治療の素晴らしさを実感し、床矯正治療を始めるに至りました。

治療を始めてみると、床矯正治療は奥が深いものです。現在も、福岡で開催される、花田真也先生のフォローアップセミナーに年に6~7回は参加し勉強を続けています。

 

いつから治療を始めればいいでしょうか?

8歳の女の子です。前歯が斜めにはえてきました。
このまま様子を見ていると、歯並びはさらにひどくなります。そして、ひどくなってしまうと、治療の期間も治療費も倍増します。

杉岡歯科医院では、永久歯の前歯がはえてくる6-8歳ぐらいから、治療を始める事が多いです。犬歯がはえる10歳までに治療が終われば簡単に治療ができます。犬歯がはえてしまうと、必要な装置の数も倍増し、費用も2~3倍に膨れ上がります。

できるだけ早期に治療をはじめましょう。早期から治療を始めれば、装置の数も少なくて済みます。この子の場合早期に治療を始める事が出来たので、1個の装置で拡大が終わりました。

おかしいと思った時が治療の開始時期です。様子を見ていてもよくはなりません。ボヤも放っておくと大火になります。火事はボヤの内に消火すべきです

 

治療費について

通常矯正治療は、100万円くらいかかると言われています。実際、金額がネックになって、矯正治療をあきらめるという方もおられました。
杉岡歯科医院で行っている床矯正治療は、早期に治療を始める事によって、使う装置が少なくて済みます。使う装置の数によって、金額が変わってきますので、装置の数が少なく済むと、金額も少なくなります。
一般的に、犬歯(八重歯)がはえる10歳くらいまでに治療を終えた子供は1~4個の装置で治療が可能です。犬歯がはえてからも治療が必要な子供は4~6個、場合によってはそれ以上の装置が必要となります。
歯並びの異常の程度がひどくなく、早期に治療が始める事が出来た子供は、10万円台での治療も可能です。たくさん装置が必要になったとしても、100万円もかかることはありません。
杉岡歯科医院では、装置の数と、治療費が少なくて済むように、できるだけ早期に、歯並びや咬み合わせの異常を発見し、早期治療を勧めています。

 

床矯正治療のQ&A

Q1:どのような装置を使うのですか?
下の図のような装置を使用します。装置にねじが付いていますので、ご家庭で週に2回ねじを回してもらいます。ねじを回すことによって、装置が広がり、顎を拡大し歯を移動していきます。

Q2:装置はいつ装着するのですか?
14時間以上装置をつける事が出来ればいつ装着していただいても構いません。ご家庭だけで時間が足りなければ、学校や職場につけていく必要がありますが、しっかりと発音しないといけない授業などにははずしてもらっても構いません。風邪などで装着できない時は後戻りして入りにくくなる場合があります。その場合は巻き戻せば使用可能です。
Q3:痛みはありませんか?
弱い力で歯を動かしていくので、痛みはほとんどありません。装置が歯茎に当たって痛む場合は、装置を削れば治ります。
Q4:取り外しのできる床矯正装置だけで治療が終わりますか?
早期に治療を始める事が出来れば、取り外しのできる床矯正装置だけで治療を終える事のできる可能性が高いです。治療開始時期が遅れたり、成人の方は、固定式のワイヤーによる矯正装置も必要になることがあります。
Q5:「顎を拡大するとゴリラ顔になる」という人がいますが?
歯が並ばないのは顎が委縮して小さくなったのが原因です。委縮した顎を正しい顎に戻すのが、拡大の目的です。では、正しい歯列を維持している人はゴリラ顔でしょうか?顎を正常な状態に戻すわけですから、ゴリラ顔になることはありません。
 
PAGE TOP